アトピー治療で使用される「リンデロン」とは

アトピー治療で使用される「リンデロン」とは

アトピーの治療でも使われることがあるリンデロン

リンデロンには薬の強さにより、2群ベリーストロングの「リンデロン-DP」、3群ストロングの「リンデロンV」と抗菌入りの「リンデロンVG」の種類があります。
現在、炎症を抑える最も強力な作用をもつ薬で他にも多くの作用があることから、さまざまな病気や症状の治療に使われています。炎症をおさえる作用、出血をふせぐ作用、抵抗力を高める作用、免疫を抑える作用などが効果として挙げられます。
しかし作用が強力なため、大量に使用したり、長期間使用すると、重大な副作用を招く可能性があります。このため副腎皮質ホルモン剤は、ほかの薬では効果のない重症の場合に使用されるケースがほとんどです。その場合でも、あくまでも病気の症状を一時的に抑える目的で使われます。

リンデロンによる、代表的な副作用

リンデロンによる代表的な副作用として、下痢や吐き気、嘔吐、胃痛、胸やけ、くちの乾き、食欲不振、不眠、頭痛、、めまい、筋肉痛、関節痛、むくみ、血圧上昇、にきび、多毛、脱毛などがあげられます。
また重大な副作用として、うつ状態や感染症、けいれん、血栓症、白内障、精神変調などがおこる可能性もあるので注意が必要です。服用には必ず医師の指示に従って正しく使用して下さい。