抗アレルギー薬とステロイドの違い

抗アレルギー薬とステロイドの違い

抗アレルギー薬

抗アレルギー薬はしばしばステロイド系のお薬と比較されます。アレルギー反応のほとんどすべてを抑えるステロイド薬に対して、一部分を抑えるのが抗アレルギー薬です。
一般的に長期間の服用でも安心とされており、副作用もステロイドほどの強さがありません。抗ヒスタミン作用のありなし等にも分類されます。喘息や花粉症、肌疾患などに幅広く使われていることもあり処方されることも多いでしょう。

 

身体の外側からアレルギー対策

ここでは皮膚疾患の場合について取り上げます。抗アレルギー薬で体の内部からアレルギー反応を抑えている場合、外側からはどのような対処が必要なのかを考えてみると…やはり外的要素に強い肌を作ることが必要となります。アレルギー反応を示す肌には過酸化脂質が多く溜まり、外的要因に負けていることが多いのです。過酸化脂質をしっかりと排除することが最重要課題となります。