ステロイド外用薬「セレスタミン」の効果的な使い方

ステロイド外用薬「セレスタミン」の効果的な使い方

セレスタミン

強度:V群 弱い
主成分:ベタメタゾン

 

効果効能

炎症やアレルギーを抑え、症状を改善します。 また、この薬には成分としてステロイドが入っていますので炎症を抑える働きもあります。通常、蕁麻疹、湿疹などの皮膚疾患、アレルギー性鼻炎の治療に用いられます。

用法・用量

成人は1回1〜2錠を1日1〜4回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。飲む時には、砕いたりかんだりしないでそのまま飲んでください。次に飲む時間が近い時は、1回とばし、2回分を一度に飲んではいけません。 誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談し、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用

眠気、不眠、頭重感、悪心・嘔吐、食欲不振、下痢、胃潰瘍、口渇、倦怠感、満月様顔貌、体重増加、発疹、光線過敏症などが報告されています。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。