ステロイド外用薬「プレドニン錠」の効果的な使い方

ステロイド外用薬「プレドニン錠」の効果的な使い方

プレドニン錠

強度:V群 弱い
主成分:プレドニゾロン

 

効果効能

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用、広範囲にわたる代謝作用があります。 通常、内科・小児科、外科など各科のさまざまな病気の治療に用いられます。

用法・用量

通常、成人は1日 1〜12錠(主成分として5〜60mg)を1〜4回に分けて服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。飲み忘れた場合は、気がついたときにすぐに飲んでください。 次に飲む時間が近いときは、1回とばし、2回分を一度に飲んではいけません。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談し、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用

皮膚萎縮、毛のう炎・せつ、毛細血管拡張、紅斑、発疹、蕁麻疹、そう痒、皮膚灼熱感、接触皮膚炎などが報告されています。 このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。