アトピーの漢方治療「黄連解毒湯」とは

アトピーの漢方治療「黄連解毒湯」とは

黄連解毒湯

黄連解毒湯はアトピーの治療以外にもイライラ、のぼせ、ムカムカ、頭痛や耳鳴り等さまざまな症状に使われる漢方(生薬)です。
黄連(キンポウゲ科の根茎)、黄ゴン(シソ科の根)、黄柏(ミカン科の樹皮)、山梔子(アカネ科の果実=クチナシの実)の4つの生薬からなり、身体を冷やす作用があるとされています。
しかし、副作用も報告されておりアトピーをはじめアレルギー疾患に使用する場合は注意が必要です。

アトピー治療に漢方

アトピーに様々な症状があるように、漢方にも様々な種類があり、飲用量など含め微調節しながら自分に合った漢方を見つけることが大切になります。
またこの黄連解毒湯ですが、アトピーですと炎症や赤みが強く、かゆみ、ジュクジュクがひどい場合に処方されます。

漢方薬とは不思議なもので、その人の身体にあった漢方薬が処方された場合、とても美味しく飲めます。漢方が体に合っているかどうかの判断として美味しく飲めるかどうかが一つの基準になります。

 

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter