アトピー・アレルギーのお薬

アトピー・アレルギーのお薬

アトピー・アレルギーのお薬は様々なお薬があります。大きく分けて、ステロイド剤、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤です。
ここでは各々の特性をご紹介します。

■ステロイド剤

アレルギー薬の中でも有名なのがこの「ステロイド剤」でしょう。
副腎皮質ホルモンを合成したもので、特に「炎症」には速攻で効き、2~3日で効果が出始めます。効果がある分、依存症や副作用が取りざたされ、同時に「怖い薬」というイメージがどうしてもあります。

しかし怖いのはステロイド剤そのものではなく、「使い方」を誤ってしまうことです。少量塗っていてもよくなりませんし、よくなったからと言ってすぐにやめてしまうと、またすぐにひどくなってしまうことを繰り返してしまいます。どのような使い方がいいのかを正しく理解することが大切です。適切に使用されれば、副作用を抑えて効果の方が発揮されます。

商品名:プレドニン・リンデロン・デカドロン・セレスタミン(抗ヒスタミン薬との合剤)など

■抗ヒスタミン剤

ヒスタミンという物質を抑えるお薬です。ヒスタミンというのは、かゆみを起こしたり、鼻水を起こしたり、くしゃみを起こしたりする作用があります。アレルギーを起こす物質(アレルゲン)が体に入ると、肥満細胞という白血球からヒスタミンが出てしまいます。このヒスタミンの作用を抑えるのが抗ヒスタミン薬です。
一方、抗ヒスタミン薬の多くは、ヒスタミンとよく似た構造をしているため、脂肪に溶けやすい性質を持っています。脳は脂肪が多いので、抗ヒスタミン薬が中枢神経へ行きやすく、鎮静作用や眠気、めまい、倦怠感が副作用としてあります。

商品名:
第1世代:ポララミン・レクリカ・タベジールなど
第2世代:ザジテン・アゼプチン・セルテクト・ゼスラン・ニポラジン・ダレン・レミカット・アレジオン・エバステル・ジルテック・リボスチン・タリオン・アレグラ・アレロック・クラリチンなど

■抗アレルギー剤

ヒスタミンそのものが作られたり、放出されるのをおさえるお薬です。アトピーなどでは、かゆくて眠れないときなどに内服で使用します。

湿疹を起こす化学物質を抑えたり、アレルギーを起こす白血球の働きを抑えます。副作用は少ないのですが、アトピーに効いてくるのに1ヶ月以上かかることがあります。

「抗アレルギー剤」と「抗ヒスタミン剤」では作用が少し違います。抗アレルギー剤は、ヒスタミンが入っているマスト細胞に作用して幅広いアレルギー症状を緩和する働きがあります。一方、抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンの働きを抑制して痒みをしずめます。ただし、抗アレルギー剤のほとんどは抗ヒスタミン作用も有していますので、あまり神経質になる必要はありません。

商品名:インタール・リザベン・ソルファ・アレギサール・ペミラストン・オノン・キプレス・シングレア・アイピーデイなど