アトピー性皮膚炎、克服への鍵

アトピー性皮膚炎、克服への鍵

「免疫疾患」と言われているアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、「免疫疾患」と言われています。 ということは、まず「免疫機能」を改善しなくてはいけません。
免疫機能を正常に戻そうとした場合、ステロイドで免疫を抑制したり、アレルゲンに対して抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を飲用することは、実は根本的な解決策にはなっていないんですよね。
免疫機能を正常に戻す方法として、 皮膚の強化やアレルゲンの除去をすればいいと思いがちですが まずは体の中、内臓や代謝などの改善が先決です。 アトピーは体内から出て来るものです、内部から優しく治す事が アトピー性皮膚炎の克服にはつながるのです。 そもそも、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症などは アレルギー症によって引き起こされる病気です。アレルギーとは「異なる反応」という意味で基本的には免疫反応のひとつと考えられています。
私たちの体には異物や外的を排除する免疫の仕組み(免疫機能)が備わっていますが、 体を守るはずの免疫反応が異常をきたし、自らの器官を壊したり過剰に反応するのが アレルギー症です。 では、具体的に何をすれば免疫機能改善につながるのでしょうか…?

腸内改善

腸内フローラの有用菌類は有害物質や多種多様な細菌、 ウィルスなどから体を守る役割を果たしています。 その中心的な存在が乳酸菌なのです。 腸内フローラにおいて乳酸菌が勢力を保った状態であれば腸内の免疫力は保たれます。 腸内免疫が保たれることは体全体の免疫レベルまで波及していきます。
腸内細菌とアトピーの関係でいえば、アトピー性皮膚炎の人の腸内フローラは異常な状態になっています。 特に目立つのが腸内有用菌の減少です。 そこでアトピーを改善する第一の方法として有用菌の代表である乳酸菌を補給して 増やしてあげることが考えられるわけです。 腸内善玉菌を増やすのにもってこいの食品といえば、ヨーグルトです。 花粉症などのアレルギー疾患を抑えるなど、さまざまな効果が認められています。 多くの乳酸菌は胃酸や胆汁酸で殺菌され、腸内に住み着いている善玉菌に 届かないというデメリットもありましたが、乳酸菌やビフィズス菌は、 死んだ菌でも小腸内で免疫力を高める効果があることが確認されています。

体温を上げて代謝を良くする

アトピーを克服するのには、体温を上げることが必要不可欠です。 そのためには、まず代謝を良くしましょう。 食材の中には、脂肪の代謝や糖質の代謝を助けてくれるビタミンがあります。 《ビタミンB1、B2、B6》 豚肉、うなぎ、豆類、緑黄色野菜(ほうれん草など)、酵母、 胚芽(玄米など)、にんにく、カツオ、アーモンド、椎茸など。
代謝を良くするには、適度な運動も必要です。極端に毎日何時間の運動をするよりも、継続できる適度な運動をする方が体にも心にもストレスを与えません。 運動により得られる体の各機能の活性化は、間接的、直接的に、内分泌や自律神経に働きかけます。
例えば心臓の働きを活発にする、落ち着かせる、ということは運動を行い、その後、休息することで得られる自律神経の活動です。 日中に運動を行えば、夜は肉体的な疲労で睡眠がとりやすくなるのでこれは、間接的に内分泌に働きかける活動となります。 その他、血流を良くすることで体内の酸素の消費を上げ、同時に血液で情報を伝達する内分泌の働きも活性化できる。 エネルギーを消費することで、食事にも間接的な影響を与えることができるのです。

心のケア

栄養の摂取や規則正しい生活、十分な睡眠などのポイントばかりに注目してしまいがちですが、 メンタル面もまた身体に大きな影響を及ぼす要素になります。メンタルケアも、体質改善、アトピー治療にとって絶対に欠かすことの出来ないポイントです。 ストレスが原因で、なかなか効果が上がらず それがまたプレッシャーになり…といった悪循環に陥ってしまうこともあります。
ストレスというものは、心の中に蓄積されてしまいますので できるだけ消化しながら生活していくことが大切です。 身体と心のバランスを整えながら 無理なく続けられる、免疫機能改善を心がけましょう。