抗ヒスタミンはアトピーにどんな働きがある?

抗ヒスタミンはアトピーにどんな働きがある?

アレルギー要因のヒスタミン

そもそもヒスタミンとは食物から体内に取り込まれ、増殖するアレルギー要因の一つと考えて良いでしょう。この場合のアレルギー性皮膚炎の場合に、ヒスタミンの効果を抑制するために坑ヒスタミン剤が治療法として使用されます。
一般的にステロイド薬や免疫抑制剤などと同じようにアトピー性皮膚炎患者に使用される薬としてはポピュラーなもののひとつです。風邪薬や鼻水、くしゃみを止めるための市販薬のようなものでもこの坑ヒスタミン剤が配合されている場合も多いです。

この坑ヒスタミン剤は、第1世代と第2世代という区分けがしてあり、この違いは基本的に1983年以降に発売された、第1世代のものと比較して副作用が少ないもののことを第2世代と言います。

◆第1世代:ポララミン・レクリカ・タベジールなど

◆第2世代:ザジテン・アゼプチン・セルテクト・ゼスラン・ニポラジン・ダレン・
レミカット・アレジオン・エバステル・ジルテック・リボスチン・タリオン・アレグラ・アレロック・クラリチンなど

《坑ヒスタミン剤を使用する場合に必要な注意点》

一般的に副作用として知られているものとしては、眠気、倦怠感、吐き気、めまい、頭痛、喉や口の渇きというものが知られています。風邪薬などを飲むと眠くなるというのもこの坑ヒスタミン剤が作用している場合がありますので注意が必要です。
これらの副作用は、その坑ヒスタミンの成分によっても強度などが違います。使用する前には医師や薬剤師など専門家に自分の疾患なども伝えてからアドバイスをもらうとより安心して使用することができますね。