ベポタスチンベシル酸塩の効果的な使い方は?

ベポタスチンベシル酸塩の効果的な使い方は?

ベポタスチンベシル酸塩は、アレルギー性の病気で処方されるお薬で、アレルギー反応や炎症の発現に関与するヒスタミンを抑える目的で使用される抗ヒスタミン薬です。
これはあくまで対処療法で、アレルギーやアトピーの原因を治すことはできません。また、一般的な他のお薬同様、副作用もありますので注意が必要です。

 

 

ベポタスチンベシル酸塩の効果と特徴

アレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎の症状のヒスタミンを抑えます。即効性があり比較的に眠気や口の渇きなどの副作用が少ないのが特徴です。

ベポタスチンベシル酸塩の主な副作用

他の抗ヒスタミン剤に比べ副作用は少ないほうですが、長期的な使用には肝機能障害に注意が必要です。

ベポタスチンベシル酸塩の効果的な使用方

まずはじめに、ベポタスチンベシル酸塩はお薬なので、医師が提示する用法・容量をしっかり守って使用しましょう。また、ベポタスチンベシル酸塩に限らず、抗ヒスタミン薬はあくまで対処療法で、アレルギー疾患を根本的に治療することはできませんが、痒みなどを抑えるためには欠かせない治療薬です。

アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患は、様々な理由から体内のバランスが崩れ、肌のバリア機能が低下し、痒みなどの症状をひきおこします。そしてその痒みは、さらなる肌のバリア機能の低下を産むという、悪化サイクルに陥ってしまうという特徴があります。

病院で処方された抗ヒスタミン薬をきちんと用法を守りしっかり痒みを抑え、同時に根本的な原因である「肌のバリア機能の改善」や「免疫機能の改善」に対する対策に取り組むことが、アレルギー疾患改善の一番の近道なのではないでしょうか。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter