アトピー・アレルギーの薬にはどんな種類があるの?

アトピー・アレルギーの薬にはどんな種類があるの?

アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎には沢山の薬がありますよね?その薬には一体どんな種類があるのでしょうか。

抗ヒスタミン剤

くしゃみや鼻水、かゆみの症状を抑えるときに処方される薬で、症状の原因となるヒスタミンを抑える薬です。抗ヒスタミン剤には第一世代と第二世代があり、第二世代は抗アレルギー剤とも呼ばれています。(第二世代については”抗アレルギー剤”の項目)第一世代は市販薬に多いのですが、眠気などの副作用が強いため、服用時には注意が必要です。

・第一世代

フマル酸クレマスチン(ケトチフェンフマル酸塩)
塩酸ジフェンヒドラミン
マレイン酸クロルフェニラミン
塩酸プロメタジン
塩酸ホモクロルシクリジン
塩酸シプロヘプタジン

ステロイド剤

抗炎症剤でアトピー性皮膚炎の症状に広く処方されます。飲み薬と塗り薬の2種類があります。副作用が心配されていますが、症状の状態を医師と相談しながら使用法を守ることで副作用や症状を軽減することも可能です。

・strongest(最も強い)

ダイアコート
ジフラール
デルモベート

・very strong(とても強い)

アンテベート
シマロン
ネリゾナ
マイザー
リンデロン-DP
フルメタ

・strong(強い)

フルコート
ベトネベート
メサデルム
リンデロン-V、リンデロン-VG

・medium(中程度)

キンダベート
ロコイド
アルメタ
レダコート
リドメックス

・weak(弱い)

プレドニン
エキザルベ
コルテス

抗アレルギー剤

効果が出るまでに時間を要し、約2~3ヶ月ほど時間がかかります。抗ヒスタミン剤の第二世代を抗アレルギー剤とも呼ばれています。副作用は緩やかですが医師の指示に従って飲用してください。

・第二世代(1類)

塩酸アゼラスチン
フマル酸ケトチフェン
フマル酸エメダスチン
メキタジン
オキサトミド

・第二世代(2類)

塩酸フェキソフェナジン
塩酸エピナスチン
塩酸オロパタジン
ロラタジン
エバスチン
塩酸セチリジン
ベシル酸ベポタスチン

の成分によっても肌に合う・合わないがありますし、ステロイドはもちろん医師の診断が必要です。抗アレルギー剤など市販されているものもありますが、事前に担当医師に相談した上で使用することが大切です。