アトピーとステロイドの“微妙”な関係

アトピーとステロイドの“微妙”な関係

アトピー性皮膚炎と診断された場合、ステロイド系のお薬が処方される事がほとんどですね。即効性があり、痒みや赤みも比較的治まることもあって様々な種類があります。

塗布したステロイドが体内に吸収される事により、元々備わっている体内で微量のステロイドを作るという作業をやめてしまいます。

 

 

脱ステロイド

そのような中、急に塗布をやめてしまうと体がステロイドを欲し、赤みや痒みの症状となります。それが“リバウンド症状”です。この赤み痒みを止める為にまたステロイドを塗布…以下繰り返しとなりいつまでもステロイドをやめることができません。

脱ステロイドは、体に本来のステロイド生成を思い出させる為にも少しずつ、時間をかけて行う必要があります。