乳児脂漏性皮膚炎のお手入れ法

乳児脂漏性皮膚炎のお手入れ法

乳児脂漏性皮膚炎は、アトピー性皮膚炎と間違えやすい生後2週間~1歳くらいまでの間に起こる湿疹のことで、多くの赤ちゃんが経験する皮膚の病気です。

乳児は皮脂腺の働きが盛んなため、皮脂の分泌が多く、湿疹になりやすいのです。多くの赤ちゃんがなるとはいえ、いざなった場合にはお手入れが重要です。ほとんどの場合は6ヶ月頃までには落ち着くといわれていますが、慢性化すると、アトピー性皮膚炎に変わる傾向があり、そのままにしていると乳児脂漏性皮膚炎になります。

なので、こまめにお手入れしてあげることが大切なのです!

お手入れの方法

髪の毛の生え際や眉毛などに脂っぽいかさぶたのようなものがつくので、ベビーオイルをたっぷり浸したコットンでふやかし、きれいに洗います。特に髪の生え際は皮脂が多いため、注意が必要です。

ひどい場合には、わきの下やおへそ周りにもできる可能性があるのでしっかりとチェックし、清潔に保つようにしてあげましょう。