アトピー入院治療のメリット

アトピー入院治療のメリット

アトピー性皮膚炎で入院となる場合がありますが、入院治療の対象となるのは、下記のような例があります。

・ステロイド軟膏を塗っても効かなくなった
・ステロイド軟膏の副作用が出ている
・症状の悪化で精神的に不安定になっている
・リバウンドで悪化し、自宅治療が困難

 

入院治療では、皮膚を綺麗にするということはもちろんですが、アトピー性皮膚炎の原因、どうしたら良いかなどを勉強したり、病院によっては、ステロイドの使用を減らしていく治療などがあります。

やはり、最も大きなメリットとしては、仕事や学校、日常のストレスから開放されることです。また、同じアトピー性皮膚炎で悩んでいる仲間同士が出合うことによる精神面の要素が大きいと言えます。普段の外来ではなかなか聞けない治療の方法や副作用など、詳しく聞けるチャンスでもあります。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter