ステロイドの弱点は ”炎症を抑えるだけ”

ステロイドの弱点は ”炎症を抑えるだけ”

これまでアトピー治療では最も一般的で欠かすことのできなかったステロイド外用薬。
しかし使用をやめた時のリバウンド症状や離脱症状などの副作用が敬遠され、「脱ステロイド」といってできるだけ早く使用を中止することにも注目が集まっています。

ステロイド外用薬の役割とは?

現在アトピー性皮膚炎で皮膚科にかかると、ほとんどでステロイド外用薬が処方されます。症状により薬の強度は違いますが、炎症を抑えるためには最も有効とされ、アトピー治療のガイドラインでも標準治療として指定されています。
それではなぜ副作用が懸念されるのでしょうか。 その多くは、間違った用法によることが原因だといわれています。
ステロイドは患部の炎症を抑えるための薬なので、使用量は多すぎても少なすぎても、また使用期間は短すぎても長過ぎても、正しい結果を得ることができません。 逆に巷でよくいわれるようにリバウンドや離脱症状の副作用となってあらわれます。
主治医の指示に従って正しい量を正しい期間で使用することが大切なのです。

あくまでステロイド外用薬は炎症を抑えるだけ

一方で、ステロイド外用薬は「炎症を抑えるだけ」という弱点があるのも事実です。
炎症を抑え一時的に寛解はするものの、アトピー性皮膚炎の原因そのものが解決した訳ではないので、すぐにぶり返してしまうことが多くあります。 これが副作用とされるリバウンドなどの、原因の一つにもなっています。
しかし近年ここに来てようやく、「マラセチア菌や過酸化脂質、ペリオスチン(たんぱく質)」などアトピーの原因物質が明らかになってきました。 そのためストロイドにより速やかに患部の炎症を取りバリア機能の回復を待ち、同時に並行してアトピーの原因そのものに対するアプローチも取られるようになってきました。
これにより、これまで難治性が高く慢性症状に陥る事が多かったアトピー性皮膚炎の治療の最前線では、新しい局面を迎えています。