シャワーヘッドや石鹸、アトピーのお風呂対策どうする?

th_シャワーヘッドや石鹸、アトピーのお風呂対策どうする?

入浴対策の必要性

毎日の生活の中で体を清潔に保つというのは敏感肌対策の基本です。

その中で毎日の入浴が大切なを改めて申し上げる必要はないかと思います。

その中で薬と同じくらい大事であるのが体を洗う石鹸と言っても過言ではありません。なんと言っても直接肌に触れる物ですからとても重要なウエイトを占めます。

アルカリ性がいいのか、弱酸性がいいのか。
肌に優しい石鹸かそれとも清潔に保ってくれり洗浄力が強い石けんの方がいいのか。

石けんではなく、ボディソープの方がいいのか、悩みは尽きません。

ボディーソープの選び方

皮膚の汚れを落とすのはもちろんですが、敏感肌は痒みを引き起こす成分や
症状悪化を慢性化させてしまう成分などが通常より多く存在します。

それらを普通の洗浄成分で洗い流すのは困難です。

保湿力が高い成分であったり痒みの原因である成分を分解してくれるよな成分が配合されている製品
望ましいとされています。

ボディーソープの使い方

・水で薄め、手で十分に泡立ててから洗うようにします。
皮膚のバリア機能を支えている成分を一緒に流してしまうことがあるので肌状態が良くない時は水で薄めましょう。

・水で薄める際の、水との割合は、メーカーや商品によっても変わりますが、
あまり気にしすぎるあまりに、薄めすぎてしまうとかえって泡立ちにくくなってしまいます。
・しっかりと泡立てたら体に擦らずやさしく塗ってあげるイメージで体に延ばします。
製品にもよりますがそのまま30秒ほどそのまま泡を置いておくことよい場合もあります。

・その後はしっかりとシャワーで流してください。
泡が落ちただけでは表皮に残っている可能性があるので見た目で泡が流れ出も
もう一回洗い流すようにすとしっかりと泡が落とせます。

よく読まれている記事

Facebookページ

Twitter