アトピーにオロナインは効く?

th_アトピーにオロナインは効く?

オロナインの効果とは

カサカサ肌やジュクジュク肌など様々な症状がでるアトピー性皮膚炎。症状の緩和の為に病院で処方されるのがステロイド剤ですがリバウンド作用があるのでステロイド剤を避けるために「オロナインを塗る」という口コミがたまにあります。

オロナインは保湿成分か含まれており火傷やあかぎれに対しての使用を目的とした商品です。
非常に有名な製品で使われた経験がある方も多くいらっしゃると思いますが注意書には「湿疹には使用してはいけない」とありますので避けたほうがよさそうです。

 民間療法の落とし穴

このような民間療法は多数あります。
しかしながら敏感肌やアトピー性皮膚炎を想定して作られていない製品は全く効果がない成分、最悪状態が悪化する可能性がある成分が配合されているので使用を控えましょう。
効果があったとしてもその中の成分のひとつが良い作用を引き起こしただけの可能性が強く根本的な改善はおろか一時的なものでしかありません。

また、何かしら悪い影響が出てしまった場合、その治療にまた多くの時間と費用がかかってしまいます。
同じアトピーでも症状や状態は生活環境や食生活によって異なります。
自分の肌とその人の肌は同じアトピーでも違うもの、という認識が大切です。

アトピー性皮膚炎の改善に向けて

アトピー性皮膚炎は、バリア機能の低下した肌がアレルゲンや過酸化脂質など、何らかの原因で炎症や痒みを起こす疾患です。

病院では一時的な対処療法としてステロイド剤や痒みを止める抗ヒスタミン薬などが処方されます。

ステロイドは副作用などの恐れから避けられる方も多く、あくまで一時的に炎症を抑えるだけのお薬で、アトピー性皮膚炎を治すことはできません。

アトピー性皮膚炎を根本的に改善するために肌のバリア機能の回復と原因物質の除去に努めなければなりません。

痒みの発症原因であるマラセチア菌とタンパク質を除去し肌への刺激を緩和して保湿とターンオーバーでバリア機能を回復させることにより強いお肌を作りましょう。