アトピーの為のボディーソープの理想的な使い方

th_アトピーの為のボディーソープの理想的な使い方

アトピー肌へのボディーソープ

ボディーソープの洗浄力が強すぎるとお肌が荒れてしまう可能性もありますし
成分が合わないなんてこともしばしばです。

では低刺激のボディーソープならばいいのでしょか?

それだけでは不十分です。
ご自身の肌にあった使い方もしなければなりません。

ボディーソープの使い方

・水で薄め、手で十分に泡立ててから洗うようにします。
皮膚のバリア機能を支えている成分を一緒に流してしまうことがあるので肌状態が良くない時は水で薄めましょう。

・水で薄める際の、水との割合は、メーカーや商品によっても変わりますが、
あまり気にしすぎるあまりに、薄めすぎてしまうとかえって泡立ちにくくなってしまいます。
・しっかりと泡立てたら体に擦らずやさしく塗ってあげるイメージで体に延ばします。
製品にもよりますがそのまま30秒ほどそのまま泡を置いておくことよい場合もあります。

・その後はしっかりとシャワーで流してください。
泡が落ちただけでは表皮に残っている可能性があるので見た目で泡が流れ出も
もう一回洗い流すようにすとしっかりと泡が落とせます。

どんな成分がよいのか

皮膚の汚れを落とすのはもちろんですが、敏感肌は痒みを引き起こす成分や
症状悪化を慢性化させてしまう成分などが通常より多く存在します。

それらを普通の洗浄成分で洗い流すのは困難です。

保湿力が高い成分であったり痒みの原因である成分を分解してくれるよな成分が配合されている製品
望ましいとされています。